抜け毛予防ガイド -ハゲの原因と対策-

ハゲの原因を論理的に判断し、抜け毛の具体的な予防策を提言するサイトです。おすすめのシャンプーも紹介。

脂漏性脱毛症の原因と対策

      2016/03/09

脂漏性脱毛症の原因と対策

© ACworks Co.,Ltd.

脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂が過剰分泌することにより、皮脂が毛穴をふさぎ、常在菌が繁殖することでことで起こる脱毛症です。脂漏性皮膚炎に起因する脱毛といわれています。

男性型脱毛(AGA)と比べると、それほど症例が多くない脱毛症で、オイリー肌(脂性肌)の人でも、この脱毛症に診断されることは極めてまれです。

ここでは、脂漏性脱毛症の特徴と原因、そして対処法を考察していきます。

スポンサーリンク

脂漏性脱毛症の特徴

なりやすい人

脂漏性脱毛症になりやすい人は、成長期の男性です。

髪の抜け方

脂漏性脱毛症は、炎症が生じた場所から薄くなっていきます。頭皮が炎症を起こしているため、薄い黄色の浸出液が見られます。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎に追随する脱毛症のため、その原因は多くの場合、体質や遺伝などが原因となります。しかし、ストレスや運動不足、誤った洗髪方法が引き金となる場合が多く、本人の努力次第で発症を抑えることが可能とも言われています。

脂漏性脱毛のメカニズム

ホルモンバランスの異常や、不衛生な頭皮環境により、頭皮の皮脂分泌が多くなると、皮脂をエサにする「マラセチア真菌」という常在菌が増殖します。マラセチア真菌は、ニキビの原因となる菌で、一般的なニキビの原因菌「アクネ菌」とは異なり、顔だけでなく身体の各所にみられます。

カビの一種とされているマラセチア真菌が、皮脂分解酵素「リパーゼ」を分泌し、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解してしまします。そしてこの遊離脂肪酸が酸化されると、毒性のある過酸化脂質に変化してしまい、炎症へと発展してしまします。

これにより、脂漏性脱毛症が始まります。

脂漏性脱毛症の対策

男性ホルモンの作用をはじめとする、ホルモンバランスの崩壊が原因となっている脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎に追随する脱毛症のため、まずは皮膚科を受診することにより、全身の脂漏性皮膚炎を治療する必要があります。

遺伝的体質によって引き起こることが多い皮膚炎ですが、生活習慣の乱れや、ストレスなどが引き金となる場合が多いため、多くの場合、努力によってその症状を軽減することができます。

特に重要な点が、正しいシャンプーの仕方です。適度な刺激のため、熱いお湯を使うと気持ちいいですが、これは絶対にNG。ぬるめのお湯で低刺激で洗うのが大前提です。また、頭皮環境を汚くするのはもちろん禁止ですが、逆に洗髪をしすぎることも、皮脂分泌を過剰にすることがあります。正しいシャンプーの仕方を勉強しましょう。

 - 脂漏性脱毛症