抜け毛予防ガイド -ハゲの原因と対策-

ハゲの原因を論理的に判断し、抜け毛の具体的な予防策を提言するサイトです。おすすめのシャンプーも紹介。

簡単な肌質診断で抜け毛対策。5分でチェックする乾燥肌or脂性肌。

   

肌質診断1

© ACworks Co.,Ltd.

シャンプー選びの際、最も重要なのが、自分の肌質を知ることです。上質な成分がシャンプーに含まれていても、洗剤が自分の肌質にあっていない場合、頭皮トラブルが起こります。

肌質よりもシャンプーの洗浄力が強すぎると、皮脂を取り過ぎてフケに悩まされるでしょう。また反対に、肌質よりも洗浄力が弱すぎると、皮脂汚れを落としきることができなくて抜け毛が増えてしまうかもしれません。

そこでここでは、簡単にできる肌質チェック法を紹介します。きちんと自分の肌質を確認し、シャンプー選びをしましょう。

スポンサーリンク

肌質の種類

乾燥肌

皮膚の水分量、皮脂量が少なく、バランスが保たれていないカサカサな状態です。バリア機能が衰えているため、未熟な角質が角層がたまりがちになります。頭皮の場合、角質の結合力が弱まった結果として、乾性フケが発生してしまう可能性があります。

特に空気が乾燥する冬は、加湿器などを使用した外的な対策が重要となります。また、エストロゲンの欠乏やビタミンAの不足など、生活習慣によって引き起こされることもあるため、内的な体策も必要です。

普通肌

皮膚の水分量、皮脂量のバランスが保たれている、ベストな状態です。透明感のある青白い色が特徴です。

脂性肌

皮膚の水分量、皮脂量が多く、バランスが保たれていないベトベトな状態です。毛穴が皮脂汚れで詰まり、酸素を取り入れられなくなるため、抜け毛が発生するほか、頭皮常在菌の一種であるマラセチア菌の増加により、脂性フケが発生してしまう可能性があります。

原因は、皮脂の分泌をコントロールする男性ホルモン「アンドロゲン」と「テストステロン」の過剰だと考えられています。ホルモン分泌のバランスは、ストレス状態に大きく影響を受けるため、ストレスのない生活を送ることが重要になります。

肌質チェック方法

肌質診断2

© ACworks Co.,Ltd.

肌質診断は、顔で行います。皮膚は、頭も顔も同じ一枚の皮で繋がっているので、顔の肌質を調べることで、頭皮の状態もある程度把握することができます。

1.洗顔

冷水や熱湯ではなく、ぬるめのお湯で洗顔をしましょう。ゴシゴシと力を入れるのではなく、まんべんなくサッパリと洗いましょう。洗顔後は、タオルで顔を押さえるように、優しく水分を拭き取ります。

2.放置

顔の水分を拭きとったら、しばらく放置します。本来であれば、すぐに化粧水や乳液を浸透させ、水分バランスを整えるべきですが、肌質チェックのために我慢しましょう。湿度の高い夏は約10分、乾燥する冬は約5分放置しましょう。

3.観察

一定時間放置したら、肌を観察してみましょう。肌質の基準は次の通りです。

目元、口元がかさつく → 乾燥肌
おでこ、鼻が脂っぽい → 脂性肌
かさつきも脂っぽさもない → 普通肌

肌質は季節や年齢など、様々な要因で日々変化しますので、最低でも2ヶ月に一回はチェックすることをおすすめします。

 - 肌質診断